So-net無料ブログ作成
闘病記録 ブログトップ
前の10件 | -

お骨のこと [闘病記録]

しじみをお寺へ連れて行った昨日の大阪は晴天で
とても清々しい日でした。


手に小さな数珠をつけてあげて、しじみとお別れをしてきました。



その後、見上げる空はだんだん曇りになっていきました。
しじみが空にとけて拡がったからなのかなと
ぼんやりと考えていました。




そして初めて見る姿のしじみとの対面。

しじみはしっぽ寄りの背骨沿いにリンパ腫があったのですが、
その部分が「黒い灰」になって残っていました。
お寺の方に伺うと、元気なところはきれいになくなるのですが、
悪かったところはなかなか焼けずに残ってしまうそうなんです。

そしてもう一つ気になったのが、
お骨が「緑色」になっている部分がありました。
これも伺うと、生前投薬治療を受けていると
薬の種類によって、火葬の際に化学変化がおこって
骨に色が付着することがあるようです。


病気とがんばって戦った証拠が
骨になっても残っていました。
がんの黒い灰を入れないよう拾骨をして
無事に火葬が終わりました。


しじみのいない部屋は片付きすぎていて
なれるまでにはもう少し時間がかかりそうです。



0520.jpg



さいごのすがたをどうしても残したくて写真をとらせていただきました。


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村 ←ぽちっとおねがいします



nice!(0)  コメント(8) 

お見送り [闘病記録]

みなさん、たくさんのあたたかいコメントをありがとうございます。
拝見するたびに涙が止まらなくなっています。


今しじみは、大好きだったはこの中で
遊んでいた玩具や、好物のかつおさんや、カリカリ、
わたしが好きな芍薬といっしょに眠っています。

本日14時より、しじみの火葬を行います。
家族で見送ってきます。


hana.jpg



にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村 ←ぽちっとおねがいします



nice!(0)  コメント(1) 

訃報 [闘病記録]

昨日の5月17日午後10時40分に
しじみが亡くなりました。
4歳10カ月でした。


わたしがだっこしている腕の中で息を引き取りました。

常々「仕事から帰ってくるまでいい子して待ってるんだよ」
そういって出かけておりましたので、
昨日もわたしの帰りをがんばって待っていたんだと思います。

病気がわかってからから5カ月。
しんどい抗がん剤治療をよく耐えてくれました。
病気はあまりにも突然のことで、わたしの心の準備ができるまで
待ってくれたのかもしれません。



猫を飼ったことのなかった夫をはじめ、家族。
社長、ヒメのお父さん、ヒメ。
会社猫時代お世話になったみなさん。
引きこもり猫時代に雲隠れした姿しかお見せできなかったみなさん。
お世話になった動物病院の先生や看護師さん。
そしてこちらのブログでたくさん応援をしてくださった方々。

あたたかい言葉や、アドバイスや、元気玉、
みなさんほんとうにありがとうございました。


たくさんの方々に愛されてしじみは仕合せものです。
こんなにすてきな命と出会えたわたしも果報者です。


しじみ、ありがとうね。
また逢える日までいい子して待っててね。



0517.jpg




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村 ←ぽちっとおねがいします



nice!(0)  コメント(10) 

かくれんぼ [闘病記録]

最近ふと気がつくと、しじみの姿がなくて
探すとベッドの下や、倉庫、お風呂場で
発見・確保されることが多くなりました。



[カメラ]浴槽で発見されたしじみ。鼻たれてますよ〜。

0518-1.JPG




確保してしばらくすると、またいません。


[カメラ]こんどは洗面で発見。

0518-2.JPG


いやいや、ぬれるって[あせあせ(飛び散る汗)]


その姿がちょっとかわいいなぁと思っていたのですが、
先日、動物病院の先生に
「冷たいところへ行きたがるのは熱で身体が熱いからですか」と伺うと
「自分の身に危険を感じると猫の習性で
寒いところや薄暗く狭いところへ行きたがるから」との返答が。
それを聞いて号泣。。。なさけない。


暗いところというのは知っていたのですが、
冷たいところもそうだったとは。
あとから調べると
『自分の体温を下げて身体を半冬眠状態にし、余分な体力を 使わないため』
とのこと。やばいです。


ぜんぜん微笑ましい行動じゃなかった。。。
がんばれしじみ!



にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村 ←ぽちっとおねがいします


nice!(0)  コメント(1) 

しじみごはん [闘病記録]

抗がん剤治療のあと、
しじみは食欲が一気に落ちてしまいました。

自分で噛んで食べることができなくなってきたので
シリンジによる強制給餌を始めました。

スプーンや手であげていた固形のごはんですが、
いやいやするのでぽろぽろ落として、
結局どのくらい食べているのかわかりませんでした。

食べる量も減っていたので、
少しでカロリーがたくさんとれるものはないかと
いろいろインターネットで探しました。


[カメラ]そして見つけたのがこちら。

0517.JPG



森乳サンワールド
犬猫用 チューブダイエット(カケシア)
猫用 チューブダイエット(キドナ)


中身は粉末で、ぬるま湯で解いてどろどろにしてシリンジで与えます。


見た目バリウムっぽいかんじ。
においもなんだか変なにおいです。
生暖かくて、どろっとしていて、変なにおいのものなんて、
わたしが食べろ!と差し出されたら絶対吐きます[ふらふら]

けれども、さすがウルトラ高カロリーの食事療法だけあって、
〈カケシア〉は100gでなんと651kcal!
1袋20g入りを1日2回に分けてあげるようにしました。

でもこればかりでは、唯一の趣味だったごはんが苦痛になると思い、
しじみが好きだった、かつおさんや、かつおのパウチ、
ささみのパウチ、かりかり、総合栄養食の缶詰、
猫用ミルクのそれも仔猫用のほうが栄養がありそうなので
それをミキサーで撹拌していっしょにあげるようにしました。


なんとか元気をつけてあげたいと
シリンジとの格闘の日々が続くのでした。


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村 ←ぽちっとおねがいします

nice!(0)  コメント(5) 

切り札 [闘病記録]

4月に入ってもずっと風邪ひきで体調の優れないしじみ。
前回の通院後もなんどか病院へ通っていたのですが、
様子を見て点滴の抗がん剤を中止、延期してきました。

その日、レントゲンで確認したところ、
リンパ腫が大きくなっていて、腸が詰まってしまいそうに。
そのため、体調が万全ではありませんでしたが、
点滴の抗がん剤を投与することになりました。


この点滴も、血管以外に漏れると細胞が壊死してしまうそうです。
今回は前足をそりそりされて、
そこから絶対漏れないようにテープをぐるぐる巻き付けて
しっかりと血管確保をしたあとに
1時間半かけて点滴を入れてもらいました。

この薬はとても強く、心臓に負担がかかるため、
ゆっくり身体に入れないといけないそうです。
待合室でかばんの中に入れたまま、点滴を受けました。

その間しじみは呼吸が苦しそうで、
かばんの中でハアハア言いっぱなしでした。


体力が落ちているときの抗がん剤治療です。
「一番効く」という待望の抗がん剤。
なんとか効いてくれるといい!そう願うばかりでした。


今回の治療費です。

◎ 再診料 500円
◎ 抗がん剤(点滴) 6000円
◎ 血管確保 2000円
◎ レントゲン 1500円
◎ 薬/1週間分(ステロイド、抗生物質) 2000円

合計 12000円(税抜)


[カメラ]がんばった!えらかったね。

0516.jpg




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村 ←ぽちっとおねがいします

nice!(0)  コメント(4) 

はなたれこぞう [闘病記録]

ずっと鼻の垂れているしじみをなんとか楽にしてやりたいと、
購入した吸引器具がこちら。

[カメラ]ママ鼻水トッテ

519NWZ8FX4L._SL500_AA300_.jpg


http://www.tampei.co.jp/products/MH/


[カメラ]すごく嫌がります。

0514.JPG


こつを覚えるまでは、酸欠で倒れそうになってました[あせあせ(飛び散る汗)]

とってもとっても黄色の鼻水がこんにちはします。
それでも何もしないよりはと、しじみのキックに耐えながら
吸引の日々がつづくのでした。


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村 ←ぽちっとおねがいします

nice!(0)  コメント(6) 

しじみはかぜのこ [闘病記録]

さて、その後のしじみですが、
抗がん剤の血管注射の効き目を確かめる
受診の日がやってきました。

病院への移動中、鼻が詰まって呼吸がしにくいのか、
しじみは口をあけてハアハアと息をするようになり
心拍数も上がっていて到着まで心配でした。


ようやく病院にたどり着いても、
しじみは興奮と緊張でハアハアしたまま。

診察の順番が来てレントゲンを撮ってみると、
残念なことに、前回と腫瘍の大きさは変わっていませんでした。

後ろ足を剃られ、固定されて打った血管注射は
しじみにはほとんど効かなかったのです。


風邪が悪化していて、鼻水が止まらくなっており、
しじみの体調を考慮して点滴での抗がん剤投与は中止になりました。

とりあえず今はまだ、腫瘍の下の腸に少し余裕があるので、
便は出るだろうとの判断で、体力の回復を待って、
点滴は次回に見送りになりました。


[病院]治療費です。

◎ 再診料 500円
◎ レントゲン 1500円
◎ 薬/1週間分(ステロイド、抗生物質) 2100円

合計 4100円(税抜)


1歩進んだと思っていたら、
全く進んでいなかったり、実は戻っていたり。
思うような治療がなかなかできずにいました。


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村 ←ぽちっとおねがいします

nice!(0)  コメント(2) 

しじみの辞書になかったことば [闘病記録]

それは
「ごはんいらない」です。


とにかく食いしん坊で、
一時は5.2kgまで達したぽっちゃり猫だったのですが、
2月のこの時点で4.2kg。だんだんと体重が減っていました。

それもそのはず、食べる量が格段に減っていて
ウェットフードはカチカチにひからびたまま残っており、
時間が来たらカリカリが出る仕組みの給餌マシーンは、
食べないのでどんどん溜まり、捨ててしまう毎日でした。


これではまずいと、少しでも食べてくれるもの、
効率よく栄養とカロリーのとれるものを探し始めました。


[カメラ]まずはペットショップにはだいたい置いてある
愛猫の「介護食」

0509-1.jpg


中身はどろどろのペースト状です。
このままあたえてもしじみは見向きもしてくれませんでした。
たしかに、あんまりおいしくなさそうです。


[カメラ]ロイヤルカナン 高栄養(パウチ)

0509-3.jpg


これは大きめのホームセンターで購入。
中身はカリカリを柔らかくしたかんじで、
ゼリーのようなとろみがついています。
でもやっぱり、自分で食べようとしません。


[カメラ]アニモンダ インテグラ プロテクト ニーレン ウェットフード

0509-2.jpg


これは東急ハンズで購入。
ネットでは簡単に購入できますが、販売している実店舗が少ないです。

中身はペースト状の中に食感の残る具材。
これはいいにおいがします。
パンに塗ってパテとして食べられそうなくらいです。
でもやはりしじみは口をつけてくれません。


結局どれも自分で食べてはくれなくて、
スプーンや素手で口へ持っていき食べさせていました。



にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村 ←ぽちっとおねがいします


nice!(0)  コメント(2) 

いちばんこわいこと [闘病記録]

みなさんご承知のとおりだと思いますが、
わたしの復習のためにもということで、


抗がん剤には細胞分裂時のDNA合成を妨げる作用があるので、
がん細胞の増殖を抑えることに効果があります。

しかし、がん細胞だけでなく、
正常な細胞まで作用してしまうので副作用が起こります。
副作用のひとつである免疫力の低下は、
造血細胞が破壊されて、赤血球、白血球、血小板を
生成する機能がなくなってしまうためにおこります。



しじみですが受診日の2日前くらいから、
くしゃみをするようになり、右の目はいつも涙がたまっていていました。

受診日、先週できなかった点滴の処置をしていただく予定の日です。
さっそくしじみの症状を相談すると、
先生は暗い表情で

「風邪が一番怖かったんや…」

どうやら風邪の初期症状が出ているということでした。


ステロイドの飲み薬と、抗がん剤の皮下注射を2回受けているので、
風邪を引かせないために抗生物質を飲ませていたのですが、
胃の荒れによる食欲低下を懸念して、
先生と相談して2週間ほど投薬をやめていました。
それが仇となってしまったのか、その間にしじみに風邪を引かせてしまいました。

体力が落ちているときに、
点滴による強い効き目の抗がん剤は難しいということで
今日は辞めておいた方がいいとの判断に至りました。


けれど、レントゲンの結果も良くなくて、
このままだとまた嘔吐や便秘を繰り返すことになるということで、
先生から、週に1回のペースで打つ血管注射の抗がん剤を提案いただきました。

ただし、この注射はきちんと血管に入れないと、
薬が他へ漏れると細胞が壊死してしまうというもの。
しかも猫によっては効果があらわれない場合もあるようでした。
けれど、他に選択肢がなかったので、その注射をお願いすることにしました。


しじみは後ろ足を剃られて、
看護師さんたちにしっかり抑えられ固定されて
注射は問題なく受けることができました。


だんだんと治療の手詰まりを感じる中、
風邪まで引かせてしまい、
しじみに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。


[カメラ]お家に帰ってごろりんちょ。

0508.jpg




[病院]治療費メモ

◎ 再診料 500円
◎ 抗がん剤(血管注射)4000円
◎ 血管確保 2000円
◎ レントゲン 1500円
◎ 薬/1週間分(ステロイド、抗生物質) 1600円

合計 9600円(税抜)


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村 ←ぽちっとおねがいします

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 闘病記録 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。